なかなか出せなかった高音域もボイトレで出せるようになる?


さて、ボイトレのレッスンも大詰めになってきた時に、なかなか、高音域が出せないということは、ないでしょうか。

熟練したボイトレ経験者でも、高音域は、かなり、難しいテクニックのひとつのようです。高音域は、低音域と違って、声を出すとき、声の意識を高めないと、喉から声を発してしまう恐れがあるので、注意が必要です。

なぜならば、喉を痛めてしまう恐れがあるからです。女性は、男性より声が高いですが、女性の方が、高音域を出し易いと誤解している人が多いようですが、実は、高音域は、腹式呼吸法に基づき発声する声なので、本来もっている声の高さとは、別のものなのです。

では、どうすれば、なかなか出せない高音域をボイトレによって出すことができるのでしょうか。まず、喉から声を発生することを避け、腹式呼吸法で声を発するように心がけます。そして、歌う時、前かがみにならず、遠くに相手がいる気持ちで、その相手に向かって、歌いかけるようにすることです。

歌う時も、自信気に、大きな口を開け、言葉もはっきり歌うようにします。そして、一番のポイントは、歌う練習を毎日、少しの時間でもよいので、続けて歌うことが大切なのです。そうすることによって、音域が徐々に広がていくでしょう。

なによりも、リラックスし、楽しみながら、歌うことが、ボイトレで高音域の声質を保つキーポイントになっていくでしょう。

This entry was posted in ボイトレでこんな効果が. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります