ボイトレで歌だけじゃなく、表現方法も身に付く?


ボイトレは、歌だけでじゃなく、表現方法も身に付くことをご存知でしたか。

ボイトレをする時に、ついつい、歌うことや、腹式呼吸を意識していまい、自分なりの表現方法を見出すことを忘れがちになってしまいます。

歌には、作家や作曲家の気持ちが込められていて、その歌をどう表現したいかのメッセージもこめられています。その歌を歌う人は、そのメッセージを受け止めて、歌に表現されていくのです。まず、表現方法やこめられたメッセージを受け止めるためにも、歌う前に歌詞をよく読み、そして、歌のジャンルも判断することが大切です。

例えば、その歌が、ポップで明るいテンポの歌なのか、それとも、バラードなのかも聞き分けないといけません。そのうえ、歌詞を読んで、自分もその歌の中の主人公として、表現することが大事なのです。歌詞を読んで、いろいろな感受性を養うためにも、日ごろから、本を読んだり、自然に触れ合ったり、良い環境の中で生活することが豊かな表現方法を身に付ける第一歩なのです。

そして、その表現方法も身に付けば、ボイトレの時も、自然に良い質の声がでるでしょう。ボイトレで歌を歌う時は、歌う技術と、歌詞に込められた、メッセージの表現方法で、ぐんと良いものになるのです。

ピックアップ

東京でおすすめのボイトレはハリウッド形式のVT Artist Developmentへ
東京でおすすめのボイトレはハリウッド形式のVT Artist Developmentへボイトレで歌だけではなく、表現方法も身に付けたいなら、「VT Artist Development」がオススメです。「VT Artist Development」なら、熟練した講師陣が、わかりやすく歌の表現方法も指導してくれます。

This entry was posted in ボイトレでこんな効果が. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります