声優学校でもボイトレをしているのは本当?


ボイトレは、歌だけではなく、声優学校でも、ボイトレをしていることをご存知でしたか。

歌手も声優も、声が資本。その声を、より良いクオリティーにするには、歌なら、音楽教室、ミュージックスタジオ、ミュージックスクールなどで、ボイトレなどの歌の基礎から、学んでいきます。

声優も、歌と同じように、声優学校、声優スクール、声優教室などで、ボイトレを学んでいきます。声優なんだから、ただアニメの声を真似して、話せばいいんじゃないのと思いがちの人が多いかと思いますが、この声優の発する声も、ボイトレなどの基礎から、学ばないと、声優にはなれないのです。

では、声優学校では、どのように、ボイトレをしているのでしょうか。まず、声優は、歌手と違って、台詞を言わなくてはなりません。そして、音楽のテンポや抑揚に合わせて歌う歌手と違い、声優の台詞には、テンポや抑揚などは、自分自身で、作りださなければなりません。

話すスピードも、自分なりに把握していきます。そして、台詞を言うので、女優や俳優のように、感情表現もしないといけないのです。声優のボイトレは、歌の場合と同じで、まず、喉や下をリラックスさせ、腹式呼吸法でゆっくり声を一言ずつ発声することからはじまります。

そして、歌と違い、台詞を言うので、滑舌をよくする訓練もします。いずれにせよ、ボイトレというものは、声を扱う、歌手や声優にとってとても大切なものなのです。”

This entry was posted in ボイトレを習うには. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found